スポンサードリンク

地震に弱い家 昭和56年以前の建築物

昭和56年以前に建てられた住宅
昭和56年6月から適用されている耐震基準は、震度5強程度に対してほとんど損害を生じず、震度6強以上に対して人命に気概を及ぼすような倒壊を起こさない事を目標にしています。
建築された年が昭和56年以前である住宅は基本的にこの基準を満たしていません。現在お住みの住宅や中古で購入する住宅などは、いつ建てられたのかをチェックする必要があります。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。