スポンサードリンク

地震に弱い家 構造のチエックポイント

屋根が重い。スジカイが少ない。
昭和50年代までに建てられた多くの住宅は屋根の自重が重い「葺き土+瓦葺き」の屋根になっています。また、柱と柱の間に斜めに入っているスジカイが入っていないことも多く、この事は、上からの倒壊の危険や柱が根元から引き抜けて崩壊する危険が高くなってきます。屋根の材料とスジカイの有無をチェックする必要があります。

土台が蟻害、腐食。
土台部分に雨水の浸入や換気不足によって腐食、またシロアリの蟻害にあってボロボロな状態になっていると、地震時に土台から柱・スジカイがはずれ倒壊する危険性が高くなります。土台と柱などの構造体の緊結は、地震に強い家の基本です。蟻害や腐食でなくても、施工の不手際で土台・柱・スジカイがきちんと緊結されていなければ腐食している場合と同様、基本を欠しています。土台と柱の状態及び接合部分がきちんとなっているかチェックする必要があります。

基礎コンクリートの強度が足りない。
基礎のコンクリートに鉄筋が入っていないケースも考えられます。建物全体の重さを支える重要な部分です。チェックする際には、基礎の構造と鉄筋の有無、そして補強の必要性の有無についてをチェックする必要があります。

壁の配置バランスが良くない。
間口の狭い敷地に、間取りの関係で一定方向の壁が少ない住宅があります。耐力壁が十分であっても、バランスが悪く想定以上に弱い可能性があります。その際には図面等で、耐力壁の配置やバランスに関してチェックしてみる必要があります。

その他にもチエック項目が上げられますが、主要なチエックポイントを掲げました。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。