スポンサードリンク

家具の固定について。

家具を壁に固定するには、壁の中に隠れている桟を探し出す必要があります。桟には縦方向の縦桟と横方向の横桟があります。縦桟を見つけ金具を取り付けられれば、家具の高さに関係なく、固定する事が出来ます。この縦桟の位置を確実に知るには、設計図を手に入れるか施工会社に問い合わせて下さい。

もし、ご自身で行うなら壁をドライバーなどの太い柄の部分で壁を叩き、ボンボンと言う空洞の音とコンコンと言う詰まった音を確認して下さい。このコンコンと言う堅い音の所に縦桟があります。だいたい30cmまたは45cm間隔で横に入っています。基本は、この桟に金具のビスが取りつかないと効果がありません。

壁の中にある桟を確実に見つけるのは容易ではありませんが、ホームセンターで壁の桟を見つけるためのセンサーやプッシュピンが市販されています。これらは意外と役に立ちます。安い方のプッシュピンでも十分に使えます。手順は、

1.柄で叩いて当りをつけ、
2.プッシュピンを使って桟の幅(約40mm)を確定。
3.幅の左にマスキングテープの左側を合わせて貼り付け。
4.同マスキングテープの左側から横に30cmまたは45cmの位置を叩く。

この繰り返しで部屋の中の縦桟木の位置を割り出し、マスキングテープでマークして行きます。
タグ:家具の固定
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。