スポンサードリンク

地震予知-神戸薬科大学のラドン濃度測定法

神戸薬科大学のラドン濃度測定法

神戸薬科大学は地震発生前から定期的に大気中のラドン濃度を測定しており、その結果、1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震で大気中のラドン濃度測定、解析、数理モデルへの適用に成功しております。(震災時、地殻のヒズミみからできた岩石中のマイクロクラックにより、割れ目に沿って上昇、大気中に放出、ラドン散逸量が増加すると推定)

地震前後の地下水中のラドン濃度、Cl-イオン変動報告は有りましたが、大気中のラドン濃度の実測、変動解析、地震前にかかった応力の状態を理論式に適用させることができた例は有りませんでした。

地震のメカニズム解明の新たな視点として注目されています。
(神戸薬科大学、東北大学、放射線医学総合研究所の共同研究)
| 予知
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。