スポンサードリンク

耐震、免震、制震についてカテゴリの記事一覧

耐震、免震、制震について 2

現在の新築住宅は、1981年(昭和56年)に大幅に改正された建築基準法に沿って建てられた「耐震住宅」です。ですから、免震装置も制震装置もついていない現代の住宅は「耐震住宅」だと表現できますが、これからの最新住宅はハウスメーカーの戦略上、「耐震住宅」のさらに上の効果が期待できる「制震住宅」や「免震住宅」が一般的になると予想されます。

結論的に「制震住宅」か「免震住宅」のいずれかとなると「制震住宅」に軍配が上がるでしょう。制震装置は、一部のものにずば抜けて効果を発揮するのではなく、全ての項目に優秀な成績を平均的に修めています。家具の転倒や建物の損傷を防ぐ機能は免震より優れていませんが、免震に比べればはるかに低価格で地盤やプランの制約も少ないからです。

耐震、免震、制震について1

耐震
耐震とは、簡単に言うと地震エネルギーに対抗し、ふんばって耐える様な剛的構造です。仔細は、1981年(昭和56年)に改正された建築基準法に沿わなければなりません。こと細かいので、ここでは割愛します。

免震
免震とは、地震エネルギーを吸収し揺れを建物に伝えないという意味です。地震エネルギーを数分の1にまで、軽減すると言われています。主に基礎と建物の間に取り付けられ、揺れを大幅に軽減してくれるので、家具の転倒なども防ぎ、被害は最小限でしょう。

免震装置は、大地震が発生した時に家具の転倒や建物の損傷を防ぐという点で、抜群の効果を発揮します。しかし、中小の地震では作動しない(震度4〜5程度で作動)とか、軟弱地盤や液状化するような地盤には向かない、地盤の制約や地下室ある住宅に向かないなど、取り付け制約が大きく、マイナスポイントがあります。また、全体的に「制震装置」に比べ価格が高い傾向にあります。

素材的にはリングやダンパー(減衰装置)を組み合わせたリ、積層ゴムを組み込んだものが多いようです。免震装置は、これまでにも高層ビルなどで、すでに設置されていましたが、一戸建て住宅への設置が話題になったのは、比較的最近のことです。

制震
制震とは、地震エネルギーを吸収し揺れを軽減する意味です。主に壁の中に取り付けられ地震エネルギーを軽減します。単に、地震の揺れを軽減させるという比較では、免震装置の方が優れています。しかし、大地震でないと作動しにくい「免震装置」に対し、中規模の地震の揺れでも効果を発揮してくれ、また、住宅のプランや地盤に対する制約が少ないのが特徴です。全体的に「制震装置」に比べ価格が安いようです。

素材的には、金属、ゴム、アクリルを使ったものなどがあり、や大きさはさまざまです。壁などに込むものが多いので、あまり大きくない方が間取りなどへの影響は小さいでしょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。