スポンサードリンク

地震予知-神戸薬科大学のラドン濃度測定法

神戸薬科大学のラドン濃度測定法

神戸薬科大学は地震発生前から定期的に大気中のラドン濃度を測定しており、その結果、1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震で大気中のラドン濃度測定、解析、数理モデルへの適用に成功しております。(震災時、地殻のヒズミみからできた岩石中のマイクロクラックにより、割れ目に沿って上昇、大気中に放出、ラドン散逸量が増加すると推定)

地震前後の地下水中のラドン濃度、Cl-イオン変動報告は有りましたが、大気中のラドン濃度の実測、変動解析、地震前にかかった応力の状態を理論式に適用させることができた例は有りませんでした。

地震のメカニズム解明の新たな視点として注目されています。
(神戸薬科大学、東北大学、放射線医学総合研究所の共同研究)
| 予知

地震予知-京都大学の電磁波パルス測定法

京都大学の電磁波パルス測定法

京都大学では今までに実現していなかった1ミリ秒以下の
「電磁波パルスの到来方位測定方法」を開発し、
これを地震予知に応用出来ないかと言う研究を進めている。

=電磁波パルスの到来方位測定方法=
熊野灘沖地震(2004年1月6日)の震源地をつきとめ、「地震によって電磁波パルスが励起される」と言う事を世界で初めて立証した。
| 予知

地震予知-イオン比測定法

大気中のイオン比測定法

普通、大気中では−イオンより+イオンの方が多いそうです。

「地震が起きる前に大地が帯電する現象がある。
 地面が−に帯電すると地表から−イオンが飛び出してくる。
 反対に+イオンは地面に吸着され、大気中のイオン比は
 逆転するだろう。
 これをイオン測定器で測定して地震予知をしよう。」

と言う地震予知の方法が有ります。
| 予知

宇田進一氏

「M5を超える地震を1週間前に予知できる。
ポイントは「さざなみ雲」の発見にある。」 宇田進一氏


宇田進一氏の御紹介

元東大地震研究所 応用理学 技術士 
《1995年兵庫県南部地震の断層モデル》など野島断層で有名。
7/2の土曜スペシャル”ドスペ”緊急検証シリーズ第2弾に出演。

前兆の「さざ波雲」と言うのは幅が約10キロを超え、
肉眼では判断しにくいので衛星画像を使って判断します。

「さざ波雲」発生の原因は大気重力波が関連しているらしいですが、
明確にはされていません。

その大気重力波とは、高度80〜100キロ上空で海の波と同じように大気中にできる波のことです。世界中"いつでもどこでも"起きている一般的な自然現象です。大気の波なので肉眼で見えませんが、映像なら緑色にとらえる事が出来ます。
| 予知
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。